ホーム > ゴルフクラブオーダーメード

ゴルフクラブオーダーメード

Mt.Fuji GOLFのオリジナルゴルフクラブのオーダーメードのご案内

1287928_54864386.jpg

ボールが遠く力強く、狙ったところへ飛んでいく。そんな理想的なショットを放つためにも、いいクラブ選びは欠かせないものです。

しかしながら、いかに優れた性能のクラブを使っても、どんなに熱心に練習しても、飛距離やスコアが思うように伸びないとき、それはきっとクラブがあっていないのです。

ゴルフショップ Mt.Fuji GOLFでは、試打会やフィッティング会等で計測された診断カード・診断カルテをもとに、あなたにピッタリでオリジナルの、大手メーカー製作によるメーカー保証付のカスタムゴルフクラブを、どこよりもリーズナブルにお作りすることができます。

お問い合わせ、ご相談は無料です。ぜひ、ご利用ください。

1063759_39768785.jpg

オーダーのはじめ方

まず、自分にあったクラブの仕様を決めましょう

試打での感触や試打会の診断サービスなどで、以下にある項目をご確認し、仕様を決めておきます。

910882_19399614.jpgのサムネール画像
  • メーカー (ミズノorダンロップ)
  • 基本となるモデル
  • シャフトの種類
  • シャフトの硬さ
  • シャフトの長さ
  • ライ角
  • ロフト角
  • バランス
  • グリップ

※ゴルフショップ Mt.Fuji GOLFでオーダーメードできるメーカーは、ミズノもしくはダンロップとなります。

服やシューズをサイズで選ぶように、クラブ選びは「ライ角」が基本です。

ライ角とはソールの中心が地面に接するように構えたとき、シャフトと地面の間にできる角度のこと。
この角度がアップライト(トゥ側が浮いた状態)になるとボールが左方向に曲がりやすくなり、逆にフラット(ヒール側が浮いた状態)な場合はボールが右方向に曲がりやすくなります。

img_about_002.jpg

ライ角はゴルファーの身長や腕の長さだけでなく、スイング軌道によっても適正な角度は当然変わります。

アップライトなスイング軌道であればライ角を大きく(アップライトに)、フラットなスイング軌道であればライ角を小さく(フラットに)調整する必要がでてきます。

もし、いまお使いのクラブがあなたのスイングにマッチしていなければ、フェースがトゥ側・ヒール側のいずれかに傾いた状態になってしまうため、真っ直ぐにボールを飛ばすことがやはり難しくなるのです。


ライ角を適正な角度に合わせれば飛びの方向性が断然良くなることはもちろん、ボールがスイートスポットに当たりやすくなるため、飛距離も伸びるようになります。

服やシューズを買うときに、まず自分に合ったサイズのものを選ぶように、ゴルフクラブも自分にあったライ角のものを選ぶことが大切なのです。

ライ角を測定するには?

試打会・フィッティング会に参加する
670177_36679884.jpg

各メーカーの試打会・フィッティング会に参加して、ご自分にマッチしているライ角をみつけてください。試打会によっては、スイングや適正なゴルフクラブの診断カード、診断カルテ、アドバイスなどがもらえます。

詳細は各試打会にお問い合わせください。


ライ角測定キット無料レンタルを利用する
logo_raikaku.jpg

ミズノでは忙しくて試打会に参加できない、または近くのゴルフ場やゴルフ練習場などで手軽にライ角をチェックしたい方向けに、ライ角をチェックできる「ソールシール」または「ライ角測定キット(無料)」をレンタルしています。

測定キットのレンタル方法や、ご自身で測定する場合の詳細は、ミズノのミズノのライ角測定キット無料レンタルをご覧ください。

raikakurental.jpg

測定したデータ、診断カード、カルテなどをもとにフォームから見積依頼・ご注文

main-bn02.jpg

見積依頼・ご注文フォームのバナーをクリックして、メールフォームにお進み頂き、必要事項をご入力して送信してください。また、オーダーメードについてのご不安事についても、どうぞお気軽に備考欄にご記入ください。

見積依頼・ご注文終了後はMt.Fuji GOLFからのご連絡をお待ちください。

こちらで確認が取れ次第、ゴルフクラブの製作額、送料、メーカーの納期確認などをご連絡いたします。

ご注意

クラブオーダーのご注意

  • ご依頼から納品まで、2~6週間が必要になります。
  • 発注後のオーダー変更およびキャンセルはできません。

下記の場合は変更をお願いすることがあります。あらかじめご了承ください。

  • ヘッド、シャフト、グリップの組み合わせが、著しく不適当な場合。
  • ヘッド、シャフト、グリップの組み合わせにより、強度や安全性を損なう場合。
  • シャフト、クラブ長さ、グリップの変更の際、ご指定のバランスが取れない場合。
  • 別注内容が、弊社製造基準に適合しない場合。
  • クラブ総重量の指定、振動数の指定は受け付けておりません。
PAGE TOP